18時(仮)1

三角巾をしている人を見た。あ、三角巾だ、と思い、三角巾なんて単語久しぶりに思い出した、と思い、そういえば三角巾に続く動詞は“吊る”なのか?“下げる”なのか?と思い、変換したら「三角筋」と出た。 地下鉄のホームで、暑い日だった。 そのまま画面を見ていた。他の文字列に目移りし、さっき思っていたことなど忘れていた。女子高生の「きゃはー」という笑い声が響く。顔を上げるとその人はもう見えなかった。 反対歩行へ向かう人たちは、規則正しく並ぶコンクリートの柱に阻まれ、遠くへ行ったのか、その裏にいるのかよくわからない。黒くて長いスカートを履いて、黒い帽子。なんとなく捜したい気持ちと、そこまで興味のない気持ち。 なまぬるい風とブォーという音を吹かせて電車が滑り込む。

続きを読む