2017年02月27日

小沢健二についての長い雑記

新譜「流動体について」を買ってきました
いい大人ですが、あんまり寄り道なく帰宅

CDを走らせる時のどきどきはなんで変わらないんだろう
まずは歌詞カードは見ない、声で言葉を拾う
なにそのマイルール
なんで変わらないんだろ
ちょっとはずかしい

友達がライブでむせび泣いたとメールをくれたり、SNSで紅潮した思いが流れていても、
そっかーと
興味はもう薄れてしまったんだと感じるだけで

それでもMステで歌うと知って、録画して、えらくぶったぎった「僕らが旅に出る理由」とのメドレーを見たら、週末買いに行ってた
テレビすごいね
あれではいかんちゃんと聴かねばと思った
そしてほんとめんどくさいわ、私

今聴いてるけど、あっぷあっぷしてる
溢れてて、試されているようで、負けたくない
声とメロディを感じたいのにアレンジもほっとけないし、ひとりで慌ててる
しあわせ

『LIFE』の音像と言葉選び、「ある光」で感じた世界
あー私の語彙では足りないや全然足りない
しあわせ

『LIFE』は、歌詞が字余りみたいにあふれてて、『犬』での歌と楽器と両方でことばにしているような最高なあれはどこ行った、と思ったけど、
10代の私には、お菓子みたいな世界観と真城さんのファンクでキャッチーなコーラスにわくわくしてた
今聴くと、力強い言葉をゴージャスで隙のないアレンジにわざとぶつけているようで、
甘いのに時間の不可逆さと残酷さ、未来への不安と焦燥みたいなものも感じてすき

そのあとの作品は実験が続いて、私は他の音楽を知って、恋をしたり自分でバンドをするのがたのしくなって、「ある光」が出たことも知らない程度になってた

「ある光」を聴いた時はもうだいぶ大人でしたが、いちばんすきってくらいすきだし未だにどきどきする
そして、これを聴くと『犬』の歌詞裏側にある長いセルフノーツを思い出します
当時、作者の言葉は少なくて相手に委ねる方がかっこいいと思ってた私は、自身がこんなに思いを連ねるのに最初引いたけど、器用なのか不器用なのかわからんなこの人、と、だいすきになる原因になった
わからんもんだ
歌詞にする視点や題材は変わっていっても、表現方法やテクニックが変わっても、まんなかは変わらない、たぶん
だからすきなんだろうね

なんどもいうけど私は言葉がだいすきで、こうして書いているわけです
なぜ書くかというと、喋るのがうまくいかないから
いや、おしゃべりなんだけどさ
喋るのってずれても誤解だとしても相手に残ってしまったら取り消せないじゃんか
メールやLINEもそうだけど(なのであまりうまくいかない)
まあ、文章も、感想文とか小論文とかが得意なだけで、じぶんのこと書くのも言うのも下手
基本的に勝手なので、美しい日本語とかにもそんなに興味はない

ただ、良いものは良いって言いたいじゃんか
すきなことやすきなものはせめて得意な形で
でも文字には限界があるから、気持ちに近くなるよう選んでだから時間をかけて
できる限り間違いや後悔が少なく伝えたい

だって曲はそうやって作るでしょ?
で、それってわくわくするでしょ?
私にとって、言葉にするっておんなじかんじ

何かに触れて、それに対して思いが溢れてことばにしたいってね
受け手の特権だと思う
すきなものがあるってすてきね
なにがあっても、そう感じるものに出会い続けることができるなら、わたしはやっていける

あけましておめでとう
今年もよろしくお願いします
posted by 74 at 22:07| Comment(1) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

文月をわたる葉月のナホコラム

95225700-21C5-487A-8FD6-FDCFC654B324.jpg
おめでとう!

土曜日
結婚パーティーへ行く
それはもうかわいくて、ほのぼの
新郎新婦と仲良しになってから実はまだ日が浅いのだけど、
それはもうかわいくて、ほのぼの
新婦ちゃんてばウエディングドレスでカメラ携え、ギター弾く新郎くんに向けてシャッターバシバシ切ってるの!
かわいすぎるやろそのプロ意識!娘にしたい!

そして会場内
2、3歩歩けば知人友人、そしてメンバー
恐ろしきは世間の狭さか芸歴か
なんかね、夢で小学校の友達と高校の友達が一緒に出てくるみたいな感じ
重なっててもそうでなくても、時は等しく流れ今日は同じ場所
ふしぎなきもち


2F093C1C-A2A2-4098-BB83-D71C48DC7085.jpg
ひさびさロックの赤い壁!

日曜日
九龍を観に行く
ビートのイニシアチブを取る人が曲によって変わるバンド
話し方は3人ともほのぼのしてるけど、曲中では武士みたいな間合い
結成14周年らしい、独特のスリーピースの重なり
いいライブだったなー


7B9354C1-E020-42BA-B308-58DDD4D6831B.jpg
新婦ちゃんが買ってきてくれた息子持ち込み

火曜日(つまり昨日)
スタジオへ行く
レコーディングを控えた新曲たちの細かなチェック
にしてもキーボード、もっとグッとくるアイデア降りてこないかなー
正念場

そう正念場なのです
来週レコーディング!頑張る!(そこか)

そしてちょうど1カ月後!
9/3(土)
ぶどう÷ワンマンライブ@今池得三
open18:00 start19:00 
前売2500円・当日2800円(共に+1D)

頑張る!
今日スタジオでウッカリ言ってしまったから頑張るよ!
posted by 74 at 02:38| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

文月のナホコラム2

1F2035DD-1AD5-411B-A56F-3481CF430F24.jpg
アレンジ仕様

東京ライブから1週間
永井さんと新曲のネタ合わせ
いつもは3点がバッチリ決まってからやるのだけど、いろいろ考えて前倒しさせてもらう
リズム隊のパターンは仕上がってたしね
サイズ感とかの修正は1人でも問題ないし

82AD38DA-F67A-4B24-8BFC-6A6E2D074A09.jpg
この日はもう1台追加して3台
暑い!

しかし永井さんの曲
コードと調
転調多いし鍵盤譜面にしようとするとちょっと変なの(ベースだとそんなに変じゃない)
理論なんて関係ねー!とか怒られるけど、そうじゃなくてね
全体が早く分かるといいなってこと
ダンジョンみたいなもん

といいつつ、前回曲の起譜は燦々たる結果だったな
でもその時の指摘で今回アタマがラク
イラストレーターとかを独学でやってた感じに似てる
すごい失敗してたもんなー

164C053C-DD1C-4322-97D8-B859FA754979.png
昨日の釣果(アレンジメモ)

作業的にデータが乱立するので識別目的の仮タイトルが続く(文字列だけだとかえって意味不明)
これを基に譜面起こしてトラックと音色整理して、リズム隊データに重ねていくのであります

そもそも鍵盤弾きじゃないし、他の方々がどんな行程なのかわからないけど、私は新曲を練っている時がいちばんすき
しかしアレンジ中だろうが肝心の永井さんは飽きてしまうので、辻褄合わせと整理整頓は後日ひとりでゆっくり
そっちのがラクだしね
この日の永井さんは肉モード
夏になるとお肉が食べたくなるんだってさ
肉食いてー!」と前日のスタジオからつぶやき、そそくさ終わらせて出かけたのでした
EEAD4D1A-7E1F-4D5A-B77C-40402D42228C.jpg
牛のタタキ♡
私は年中お肉ラブ

そんなこんなで週末もおわり
このままいくと新曲うねうねしてるうちに夏がおわるんだろうなー

そしたらコレ!
9/3(土)
ぶどう÷グレープ
ワンマンライブ@今池得三

久々ワンマン!たのしみーー!!!
詳細はまだナイショ(未決ともいう)

そして次の日の夜は大須あたりに繰り出すとイイと思います!!
きゃほー楽しみ!!
posted by 74 at 01:53| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする